最近のトラックバック

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • カスタマイズ
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ダイビング
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 音楽

« 「女子プロレス初体験」+「空より高い場所へ」 | トップページ | 「世界の国歌」+「もういやだ!と思ったとき読む本」 »

「ダフニスとクロエ 第二組曲」

で・・・竹田ってば、作曲家のくせして、
ブログに音楽の話が全然載ってないのって。。。どうよ!

・・・・だめじゃん!(^。^;)

毎日、本ばっか読んで、CDとか聴いてないですねえ~。
(いや、聴いてはいるんですよ。でも仕事の資料として義務で聴くのばっかで・・・)

だもんで、仕事以外の時は、極力、音楽が鳴らない環境にいようとするのですね、私の体が。
テレビもCDもかけないで、本を読むのが一番ほっとする。

だがー!そんな私が、今はまっている曲がある!

Maurice Ravelの 「ダフニスとクロエ 第二組曲」だ。

------------------------------------------------
■最近聴いてる音楽 Ravel「ダフニスとクロエ 第二組曲」ボストン交響楽団
------------------------------------------------

竹田は、音大出のくせに、驚くほどクラシック音楽のことを知らない。
いや、実は、JazzもROCKもJ-POPもぜんぜん、詳しくないんだけど。(^。^;)

ラヴェルって、ピアノ曲の印象しかなくて、

「ラヴェル=私には弾けない、難しーいピアノ曲の作曲家
片手でドから上のミまで届かないと弾けない、ピアノ曲の作曲家」という、印象で、
オケ曲書いてるなんて、ぜんぜん認識してなかった。

と・こ・ろ・が~!
ひょんなことから、この楽曲を聴いて・・・

「何これ!富田勲じゃん!」

私は富田さんの大ファンで、特に手塚アニメの作品はCD繰り返し聞くほど好きである。

ダニクロって、最初の部分、「ジャングル大帝」で、途中から「リボンの騎士」じゃん!
そんでもってまた、最後、ジャングル大帝になる。。

手塚治虫さんってバレエ音楽が大好きですごく詳しくて、作曲家に劇判注文するときも
この作品の感じ!て注文がうるさかったって話は聞いたことあるけど。
ルーツこれだったのかあ!

他にもストラヴィンスキーの「春の祭典」も手塚リクエストがあったと聞いてる。
これは、「リボンの騎士」の魔女へケートのあたりにけっこう似た感じがでてくるような
覚えがあるなあ。(DVD全部持ってるも~~~ん(^^))

しかし、この「ダフニスとクロエ 第二組曲」は凄い。。。
スイスの時計職人と呼ばれるだけあって、めちゃくちゃ緻密。
計算しつくされて作られている。それでいてトリップ感があるのだ。
今度スコアを買ってこよう。

« 「女子プロレス初体験」+「空より高い場所へ」 | トップページ | 「世界の国歌」+「もういやだ!と思ったとき読む本」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ダフニスとクロエ,,
うーむワカランごめん(・・;)

富田勲もジャングル大帝もリボンの騎士も隠密剣士も
いなかっぺ大将も南佳孝も知ってるんだけどね
クラシックはわかんないよぉ、
でも、15年前に自分で買ったスイス製の時計は毎日愛用してるよ、、
            (、、ってまったく関係ないじゃん)

はじめまして!
「フォトリーディング」を検索していてたどり着きました~。
読書量の多さに感心感動し、活動的な毎日の描写を楽しく拝
見してます。
私も近々フォトリー始めようと思っているところ
なのですが……

えりりょんさんは、音楽のお仕事をされているわけですが
お仕事にフォトリーディングが役立っているな~と思う
ようなことはありますか?

F*MARTさん

私もクラシックほとんど知りません。
自慢できませんが。(^。^;)

でも、いいものはいいです。(アタリマエだけど)

あとは、「こうもり」などオススメです。

KEIさん

コメントありがとうございました!

>私も近々フォトリー始めようと思っているところ
なのですが……

フォトリーはいいですよ!私はもともと読むのは速い方だったのですが、それでもビジネス本は1時間以内で読めるようにはなりました。でも、小説は早くはならないかな~。早くなっても楽しいかどうか・・・(ビデオを倍速で見て、ストーリーはわかっても、楽しめるかは別?みたいな)


>えりりょんさんは、音楽のお仕事をされているわけですが
お仕事にフォトリーディングが役立っているな~と思う
ようなことはありますか?

譜面が速く読めるようになる・・なんて事は
私にはないですね。今の所(笑)

でも、色々ないい刺激をいっぱい、短時間で取り込めるようになったことで、仕事のやり方がかなり変わって来た気はします。
それと、フォトリーで知り合った人は、とにかく前向きな人が多いので、それも財産になってます。(^^)

blogに自分の仕事に事を書く人って、
あんまりいないぞ~。

すくなくとも一般人には。

言いたい事は、
他にい~っぱいあるもんね。

>えりりょんさん

>色々ないい刺激をいっぱい、短時間で取り込めるように
>なったことで、仕事のやり方がかなり変わって来た気は
>します。

そうですか!「刺激」……大事ですよねえ。
実は、フォトリーを知る寸前に別の速読学習ソフトを
購入しちゃったんですよ。
でも、小説なんかはフォトリーと組み合わせて読めば
いいので、それはそれで無駄にはならないかなって
感じですね。

あと前向きな人たちと出会える……というのも魅力
なんですね。

そうと決まったら(どうと決まったんだ!?)早く講習会
へ行きたいですね~。目標は来月末の園先生の会
なんですが。
またイロイロ教えてくださいね!

鯨さん

>blogに自分の仕事に事を書く人って、
あんまりいないぞ~。

そういや、そうか~~(^。^;)
じゃあ、まあ、適当にかくことにします。
え?今までも適当だろって。
はい。(笑)

KEIさん

>実は、フォトリーを知る寸前に別の速読学習ソフトを
購入しちゃったんですよ。

あ、もしかして私も興味を持っているアレかな?
買おうとしてたんですが、タイミングを逸して
どんな感じでしょう?

>そうと決まったら(どうと決まったんだ!?)早く講習会
へ行きたいですね~。目標は来月末の園先生の会
なんですが。

あ、園先生は、愉快で、いい先生ですよー!
是非、行ってみてください。

>またイロイロ教えてくださいね!

私なんぞでよろしければ!


冨田勲はシンセサイザーのアルバムを出していた時の選曲で分かるように、印象主義の音楽がすごく好きなのだそうです。「ダフニスとクロエ 第二組曲」も79年に手がけてましたね。
私もあのTV番組の曲などで色彩感あふれるアレンジにとりつかれたクチでした。
最近また作曲の方に戻ってきて「たそがれ清兵衛」やディズニー・シーのために曲を書いたりしていますので、今後が楽しみです。

サンタパパさん

>。「ダフニスとクロエ 第二組曲」も79年に手がけてましたね。

そうなんですか!知りませんでした。
今度探して聴いてみます。
「たそがれ清兵衛」見ました!嬉しかったです。(^^)
ディズニー・シーもちらっと現場で聴いたけど、
でも、ちゃんと落ち着いて聴いてみたいですね。

私は、新日本紀行のテーマが好きです。
日本人に生まれてよかったあって思います(笑)
くぅ~~~。泣けるぅ~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38458/1439136

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダフニスとクロエ 第二組曲」:

» 冨田勲 『音の雲』 [「だがっき」と「おと」の庵]
冨田勲の著書、『音の雲―ずっと音の響きにこだわってきた』(日本放送出版協会)の紹 [続きを読む]

« 「女子プロレス初体験」+「空より高い場所へ」 | トップページ | 「世界の国歌」+「もういやだ!と思ったとき読む本」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ