最近のトラックバック

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • カスタマイズ
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ダイビング
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 音楽

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

世の中の流れを読むもの(3)

ミキハウスはちゃんと世の中の流れを読んでいたにもかかわらず
ナルミヤに負けてしまった。

それは、もちろん、ナルミヤのデザインの方が受け入れられたという
事なのだが、それはなぜか。

ナルミヤのデザインはミキハウスに比べて、かなりオトナっぽい
(もちろんターゲットにしている年齢層にずれはあるが)

つまり、親が着せたいと思う服
親が子供と一緒に楽しめるデザインであったということ。

今の親は純粋に子供のためを思うというより、自分の楽しみで
子供に服を買い与える。

つまり、親の欲望の投影が購買傾向を左右するという訳らしい。

ミキハウスはもちろん、すぐ販売の方向修正を行って
今、原色系だけではない、かなりハイセンスなものも
店頭に並んでいる。

ただ、あまりにもイメージ化されてしまった原色ロゴが
もしかしたらまだ邪魔になってる部分もあるかもしれない。

製品の品質はとてもいいので、切り口さえ、うまくはまれば
また盛り返してくるのではないかと個人的には思っている。


それにしても、OLが給湯室で、ブランド品を
「ねえ~、それいいわね~、どこで買ったの?」
というような会話をするのを同じような会話が
小学校の教室で繰り広げられているというのには
驚きだ。(今はだいぶ下火になったらしいが)

…と、ここまで書いてナルミヤのサイトを検索したら、
他の方のブログで驚くべき記事が出てきた。
私が考えていたよりずっとナルミヤは~~~

う~~~ん、ナルミヤ恐るべし!!

(鈴木貴博のビジネス散歩より)
http://premium.nikkeibp.co.jp/bits/bits_column/column_d07_01.shtml

世の中の流れを読むもの(2)

そして、ミキハウスの読みはあたり、不況下でも、ブランドにお金をかける層は出現して来た。100均とヴィトンが同時に売れる世の中に。
 
 


世の親たちは不況下でも再び、子供にブランド服を買い与えるようになった。
 
 

ところが!!
ここにミキハウスの誤算が生じた。
 
 

売れたのは、ミキハウスではなく、「メゾピアノ」などの新ブランドなどで台頭してきた、ナルミヤインターナショナルだったのである。
 
 

年頃の小中学生の女児を子供に持たない人間にとってはちんぷんかんぷんなのだが、とにかく、彼女たちの間では大流行。
 
 

お店が入っている渋谷の109には行列ができるし文房具などもみんな憧れはナルミヤブランド。
 
 
 
私は劇団の子役たちとも仕事上付き合いがあるのだけどオーディションにみんなナルミヤブランドを着てきたときがあり、びっくりした覚えがある。
 
 

きちんと予測を立ててその日のために戦略も展開していた、
ミキハウスが敗れた原因は何か?
 
 
 

明日に続きます。

世の中の流れを読むもの(1)

今日は久しぶりにエリエスの土井さんの
「ビジネスマンのためのクリエイティブ講座」に行った。

毎回、非常にためになる気づきをもらえるのだが
今日聞いた話で印象的だったのは、
 
 

「ミキハウス」と「ナルミヤ」の話。
 
 

ミキハウスはご存知、赤と緑を中心にデザインされた子供服メーカー。
かなりいいお値段で、日本では子供服のブランディングに成功した初めての企業と言えよう。
 
 

バブル期に相当な成長をとげ、日本全国のドーム開催された展示会イベントは大盛況だった。(私も何回かイベントのお仕事をさせていただきました。作曲も、出演も)
 
 

ところが、このミキハウス、バブルがはじけてからはやはり不況の波を受け売り上げが伸び悩んだ。

ただ、ミキハウスは安易に低価格化への道は歩まなかった。

その時点で、ブランドというものの価値、本質を見据えて「必ず、また需要がある!」と信じて、自社のブランド戦略を変更することはなかった。


眠くなりました。次回またこの続き書きます。
(たぶん明日かけると思いますが)

おなか痛い~。。。

痛みはそんなひどくはないのですが。

右の下腹が…

盲腸かしら。
あ、盲腸は、手術してもうないんだった(^-^;
 

卵巣かなぁ~。
 

小腸かなぁ~。
 

それとも、おなかの脂肪が引きツレてるのかしら?
 
 
 
 
…想像妊娠かしら?(爆)
 
 
 
思いつくまま、適当な事を言っておりますが、ちょっと転がります。

とっさの判断って難しいだろうけど…。

京王線の事故で、真夜中の帰宅でした。

事故があったのは、うちからも近く。

踏み切りを渡れなかったときに、車を運転をしていた女性は
どうしてすぐ、車から降りようとしなかったんだろう

パニくってしまったのだろうか。

すぐ降りて、非常警報装置でも鳴らせば
事故は免れたかもしれないのに。

残念だ。

どくだみ茶

子供の頃行ってた小学校が山の上にあって、

山に「ドクダミ」がいっぱい生えてたんだよね~。

すっごく臭くて、

でも、怪我をしたり蚊にさされたりしたら
その葉っぱをこすって汁をつけて治してた。

本当に効いてたのかは疑問だけど(^-^;

オトナになってから、久しぶりに
ドクダミと同じ匂いの植物に出会う!


そう、ベトナム料理のパクチーである。

あれ、ドクダミの仲間なのかな?
匂いや味が一緒なんだけど~?

さて、ところで、ここんとこ
どくだみ茶にはまってます。

私が子供の頃に感じてた匂いや味は
ぜんぜんしないのだけど。

なんか美味しくて後引く味です。

しばらく飲み続けそうです。

Y115500h_s2

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ